治療の種類 | 病気の症状について知ることで、治療のきっかけを作れる

治療の種類

薬物療法や心理療法など、更年期障害にはいくつかの方法がある。
基本的には根本的に治療するためのホルモンバランスを整える薬を飲むことが推奨されている。
ホルモンバランスを整える薬では、個別の症状を治すことができないので、まだ症状が治まらないときは、頭痛薬などといった個別の症状に効果のある薬を用いることもある。
更年期障害を適切に治すには、まず検査が行なわれる。
他の病気ではないのかを確かめるためにも、血液検査や問診は必要となってくる。
また、心理テストによって、気分の落ち込みが鬱病からくるものではないのかどうかを知ることができる。
この結果、更年期障害の程度が軽度であり、ホルモン補充薬品を用いなくても治療が可能と判断された場合、自律神経を整える調整薬を用いることがある。

自律神経はホルモンバランスが急激に偏ってしまうと過剰な反応がある更年期障害を引き起こしてしまう。
このため、急に消化器系に異常が出たり、気持ちが落ち込んでしまうと、生活に支障を来したりするので、薬によってそのバランスを調整することになる。
ホルモン補充療法ではホルモン薬を服用し、ほてりや運動神経の障害をなくしていこうという試みがなされる。
これはとても効果のある薬であるが、不正出血や嘔吐などが出る人もいるので、使用には医師の指導が必要となる。
この薬は骨粗しょう症の治療にも使われるので、高齢の女性には馴染み深いものである。
それ以外に、症状を軽減させたいが、薬はあまり使いたくない、または長期に渡って更年期障害の治療をするのであれば、漢方薬などを併用すると良いとされている。
更年期障害に苦しむ人のために、色んな方法が提示されているので、自分の体調に合わせて選ぶことができる。
このため、悩みがあればすぐに相談してほしいものである。

ページのトップへ戻る