原因を知る | 病気の症状について知ることで、治療のきっかけを作れる

原因を知る

更年期障害に悩む人は多く、今では治療方法も沢山提示されている。
しかし、今より以前は、更年期障害についても認識がされておらず、治療方法も確立されていない時代があった。
こういった時代においては、更年期障害を抱える人が対策する方法は少なかった。
東洋医学などでは体と心を全体として捉えるため、改善方法は幾つかあった。
こういった知識も利用し、更年期障害の原因を探り、治療方法が模索されてきたのである。
人間には自律神経というものが存在し、これが無意識に働くことで内臓器官などが正常に動くように作られている。
自律神経が正常に動くには、ホルモンのバランスが欠かせない。
ホルモンバランスは、生殖器にも影響しており、自律神経によって女性の生殖器では排卵や月経などが自然に調整され、毎月滞り無く行なわれている。
男性でも女性でも、男性ホルモンや女性ホルモンは持っており、バランスを保ちながら発毛や生殖器が動いていく。

更年期障害は、これらのホルモンバランスが崩れることが原因となっている。
特に、女性は生殖器の働き方が年齢によって大きく異なるので、閉経の時期を迎えてくると更年期障害を発症しやすくなってしまう。
更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンが減少するときに起こるものである。
エストロゲンとテストステロンのバランスがとれなくなることで、更年期障害が起こってしまうのである。
これは男性でも起こることである。
基本的に男性は生殖器を長く使うことができるように体ができているが、人によってホルモンバランスが異なる時期がある。

ページのトップへ戻る